古希・喜寿・傘寿 絵添え文歳月展

3-15個展準備

3-15教室にて:高橋さん

sowwaが主宰する絵添え文・和歌山教室の高橋昌子さんが、古希・喜寿・傘寿 絵添え文 歳月展(米寿をめざして)と銘打って、明日16日(土)から個展を開催します。古希をむかえた頃から教室に来られるようになって83歳の今でも続けられ、準備のためお邪魔した自宅には描きためた作品がビッシリ箱に収められていました。その中から半紙作品を、過去の教室展に出品したものを含め25点、それに葉書サイズの小品等を机上に並べて、毎年実施する教室展よりボリュームのある展示になりました。
一時、軽い脳梗塞で入院を余儀なくされ心配しましたが、今では元気にフォルテワジマの教室に通われています。
写真上の中央が高橋昌子さんで、教室生の井浦順子さん(右)と坊内叔子さん。
写真下は私sowwaが賛助出品した、高橋さんの教室での様子を描いたものです。「老いても美しきは内からのかがやき」と記しましたが、ホントは「老いても美しき人には内からの輝きがある」と書きたかったのですが…^^。
●会期/2013年3月16日(土)〜21日(木) am10:00〜pm5:00(最終日はpm4:00まで)
●場所/フォルテワジマ2階ギャラリー(和歌山市本町)

sowwa

About sowwa

防野宗和の のほとけの散歩道 とリンクしたsowwa★blogです。日課の居候の愛犬アイとの散歩道で見つけた草花を書と墨彩画で表現した「絵添え文」。 生まれ育った紀ノ川を歩いていると、どこからか「のほとけ」の囁きが聞こえてきそうな…。そんな「のほとけ」を石に刻ったり、書として表現したり、そこにオペラの制作もオモシロイ。私は欲張り。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>